アストロウイルス検出キット

​アイピーアストロ

【特徴・用途】
・イムノクロマト法に基づくアストロウイルス
抗原の検出。
・糞便中のアストロウイルスI型(血清型)の検出ができます。
・簡易な操作で迅速に測定できます。
・カセットタイプです。
・15分で結果が得られます。
・特別な機器を必要としません。
・研究用試薬です。

​操作方法

​【サンプルの調製方法】

① 検体抽出液1本に対し糞便約50mg を加え(液状便の場合は約 50 μL 程度)、ミキサー等を用いてよく撹拌します。

② 撹拌後、3分静置します。得られる上清をサンプルとして使用します。

​【測定方法】

① なるべく固形物を避け上清 80~100 μLをサンプル滴下部にゆっくり滴下します。

② 15 分後、目視にて判定を行います。

​判定方法

操作方法に従い反応させ、15 分後、判定部に現れるラインにより判定を行います。 

​【陽性判定】

​判定部のコントロールライン(C)とテストライン(T)の両方にラインが認められた場合、アストロウイルス陽性と判定します。

​【陰性判定】

​判定部のコントロールライン(C)にラインが認められ、テストライン(T)にラインが認められない場合、陰性と判定します。

​【無効・再測定】

判定部のコントロールライン(C)にラインが認められない場合は無効と判定し、別のテストプレートを用いて再度測定を行ってください。

また、抗原量が非常に多い場合は、テストライン(T)に非常に濃いラインが認められ、コントロールライン(C)にラインが認 められない場合があります。

このような場合は、サンプルを検体抽出液で5~10倍程度に希釈し、再度、測定を行ってください。 

​参考データ

​【相関性試験】

【交差反応性】

以下の細菌類、ウイルスには交差反応を示しませんでした。


 (1)細菌類

 Candida albicans, Enterococcus faecalis, Escherichia coli,

 Kiebsiella pneumoniae, Neisseria gonorrhoeae,

 Serratia marcescens, Staphylococcus aureus,

 Streptococcus agalactiae (group B), Streptococcus mutans (2) ウイルス

 ロタウイルス

 アデノウイルス  1,  3, 7, 40, 41 型

 ノロウイルス GI,Ⅱ

 サポウイルス 

Copyright© 2017 株式会社 イムノ・プローブ All Rights Reserved.  

 FAX  0493-62-9477
 TEL  0493-62-6923

〒355-0225

​埼玉県比企郡嵐山町鎌形1331-3

​受付時間 平日9:00 ~17:30

株式会社

​イムノ・プローブ​​

 フリーダイヤル  0120-626-923