ファイブロネクチン、ヒト血漿由来

​ファイブロネクチンは血漿中に存在する巨大な糖タンパク質です。

分子量は約250KDaであり、可溶性の2量体として存在しています。

肝臓の肝細胞によって合成され、血漿中の主要なタンパク質成分(0.3mg/mL)の一つです。

in vitroにおいて細胞接着分子として細胞の接着、成長、移動、分化を促進します。

細胞培養容器のコーティングに使用されます。

本製品は、ROUSLAHTI et al.の方法1)により血漿より精製されています。

0.2μm滅菌フィルターでろ過されている無菌溶液です。

参考文献:

​1)Ruoslahti, E. et al.(1982) Methods in Enzymol. 82. 803

主な使用細胞種

  • 繊維芽細胞

  • 肝細胞

  • ​神経細胞

【​製品規格】

 材料:ヒト血漿

 精製方法:Ruoslahti et al.の方法1)による
      (ゼラチン アフィニティー法:当社標準法)

 濃度    :0.5 mg/mL

     *濃度{E(1%,280nm,1cm)=12.9を用いて算出
 容量    :2.0 mL/本
 溶液    :0.45M NaCl,20mM Tris-HCl(pH7.0)+ 12% Glycerol
 無菌化  :0.2μm滅菌フィルターで濾過滅菌
 保存    :-20℃ 以下

【​取り扱い上の注意】

 ●激しく攪拌しないで下さい。

  ファイブロネクチンは性質上攪拌により塊を作りやすくなります。

  融解は、室温で静置して行って下さい。

 ●本製品は、ヒト血漿を材料に用いております。

  材料入手時に、HBsAg,HIV-1Ag,Anti-HIV-1/2,Anti-HCVが陰性である

  ことを確認していますが、未知の病原性を有する危険性を考慮し、

  取り扱いには充分ご注意下さい。

SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動
(Laemmli法)
非還元の系により目的バンドを確認。
還元の系では断片化の程度を確認。
ファイブロネクチンのコーティング例

1. ファイブロネクチンをPBS(Ca、Mg不含)で目的濃度(5~30μg/mL程度)に希釈する。

2. 細胞培養容器に添加する。

​3. 37℃で2時間~一晩又は4℃で一晩静置する。

4. コート溶液を除去する。

5. PBSで2~3回洗浄する。

Copyright© 2017 株式会社 イムノ・プローブ All Rights Reserved.  

 FAX  0493-62-9477
 TEL  0493-62-6923

〒355-0225

​埼玉県比企郡嵐山町鎌形1331-3

​受付時間 平日9:00 ~17:30

株式会社

​イムノ・プローブ​​

 フリーダイヤル  0120-626-923